低血圧・高血圧に悩まない

血圧に関する病気はたくさんあります。まずは当ホームページにて血圧に関する知識を深めましょう。

血圧測定

高血圧に悩む人はりんご酢と血圧家庭用測定器

リンゴ酢これといった自覚症状がほとんどない、高血圧症。放っておくと実に怖い病気で、サイレントキラー(静かな暗殺者)などと呼ばれています。高血圧症は気づかぬうちに、動脈硬化や、脳卒中、心筋梗塞といった命に関わる危険な状態を引き起こします。健康診断などで、血圧が高めだといわれたことのある方は、是非この機会に血圧家庭用測定器を利用しながら、生活習慣や食生活の見直しを考えて見ましょう。高血圧は、収縮期血圧が140mmhg~拡張期血圧が90mmhg以上の場合とされています。重度の場合を除き、このくらいの高血圧であればすぐ薬に頼らなくても、家庭でできる降圧効果のある対応をすることで、2~3週間も実践すれば成果が現れます。まず最も重要なポイントは、減塩を心掛けた食事です。
食事方法の工夫としては、(1)麺類のスープは飲まずに残すこと。(2)外食を控えること。(3)加工食品やインスタント食品は控え、だしなども手作りする。などが挙げられます。あせらず、ゆっくりと1週間ごとに薄味にしていくなどの方法で、気づかずに減塩でき効果的です。
つぎに味付け方法の工夫としては、(1)かつおや昆布、しいたけなどの出汁を利かせた味付けにする。(2)適度にごま油やオリーブオイルなどの利用で風味を味わう。(3)紫蘇、生姜などのハーブや、マスタード、唐辛子、胡椒などの香辛料で味付けに変化をつける。(4)塩の代わりにりんご酢やかぼすレモンなどの酸味を利かせる。など、アイデアが広がります。
特にりんご酢は、米酢などの穀物系の酢と比べ、さっぱりとした口あたりでりんごの風味もあり、使い勝手もいいのが特徴です。りんご酢をそのままジュースなどで割ってサワーにして飲んでもいいし、ドレッシングにしても美味しいです。
血圧家庭用測定器を上手に利用するのも、降圧を目指すひとつの方法です。血圧家庭用測定器があれば、自分の血圧の状態を知る目安になります。