低血圧・高血圧に悩まない

血圧に関する病気はたくさんあります。まずは当ホームページにて血圧に関する知識を深めましょう。

血圧測定

病院と自宅で血圧が違う場合がある

診察を受けている男性病院と自宅で血圧測定値が違うことがあります。

まず病院で血圧が高くなってしまうことがあるのは、診察室などで今から血圧を測るという緊張感が原因のことが多いです。
特に患者は白衣を着ている医師や看護師の前で緊張してしまうことがあり、この現象のことを白衣症候群・ホワイトコート症候群などと呼びます。
もちろん健康な人でも病院へ行けば緊張して血圧が変動するのは仕方がないことですが、白衣症候群の方の場合その血圧の上げ幅がとても大きくなってしまいます。

その反対に自宅では血圧が高くても、病院で血圧を測ると正常な人もいます。
こちらの場合は「病院に来れば医師による診察で、適切な対応をしてくれるだろう」といった安心感によって血圧が正常化するというものであり、どちらも心理的な要因によって血圧に影響が出てしまうのです。

このように病院と自宅で血圧測定値が違うことを理解し、普段から血圧を測ってご自分の平均的な血圧値を把握しておく必要があります。
また血圧は一日の中でも変動するため、一定の時間を決めて血圧を測ることが必要です。
例えば、運動後に血圧を測ると高くなり、落ち着いた状態では血圧は低くなります。
さらに起床後の血圧が高くなりやすくなることもありますので、一日の中で朝と寝る前に安静な状態で血圧を測ることが最も一般的な測定方法と言えるでしょう。

こうして計測しておくことによって病院と自宅で血圧測定値が違う場合でも、医師が患者の普段の血圧の変動を把握できることになります。
また自己で血圧を測定することは、血圧の変動を把握することで様々な病気の予防ができます。