低血圧・高血圧に悩まない

血圧に関する病気はたくさんあります。まずは当ホームページにて血圧に関する知識を深めましょう。

血圧測定

尿中微量アルブミンとは

ドクター糖尿病を患っているという人は、一年に1回から2回尿中微量アルブミン検査を受ける必要があります。
では、この尿中微量アルブミンとはどのようなものなのでしょうか。
分かり易く簡略化して説明します。

まず、生体内にあるタンパク質の中で非常に小さいという特徴を持つのが「アルブミン」と呼ばれる物質です。
糖尿病を発症してから5年から10年ほど経過すると、尿の中に少量のタンパク質が漏れるようになります。
小さいので、他のタンパク質よりも早く尿中に出てくるのです。
これが、微量アルブミンというものです。
これは、非常に少量のため一般的な検査では検出することが出来ませんので、専門の検査を受ける必要があります。
もし、この検査で微量アルブミンが検出された場合には、腎臓が障害を受け始めているということになります。
糖尿病による腎障害をそのままにしておくと、やがて腎不全を発症する可能性があります。
そうなると透析や腎移植が必要になります。

微量アルブミンが尿中に漏れ出し始めた初期の段階で糖尿病性腎症の診断が出来れば、約50%の確率で元の正常な状態に戻すことが出来ます。
つまり、早期発見により治すことが出来るのです。

確実な検査結果を得るためには、一度だけでなく、複数回検査を行うことが大切です。