af9920045107l高血圧は、日本人の多くの人が有していると言われています。
血圧には収縮期血圧と拡張期血圧とがあり、これらの値が正常値よりも高いかによって高血圧かどうか判断できます。

では、収縮期血圧と拡張期血圧とは何かについて説明します。
収縮期血圧とは、心臓が収縮した時に心臓から血液が送り出される圧の事を指します。
血圧で言うと、上の値の血圧とも呼ばれます。

逆に拡張期血圧とは、心臓が拡張した際に血管を押す圧力の事を指します。
血圧で言うと、下の値の血圧と呼びます。

このように心臓は、ポンプ作用によって拡張と収縮を繰り返しています。
この時の圧が血圧と呼ばれ、血圧が高いか低いかによって病状を判断する事ができます。
血圧は日内変動も大きいので、想定する際には毎日同じ時間帯に測定する事が大切です。

また、高血圧の値はガイドランで設定されているので、これらを参考にする事も大切です。
一般的には収縮期血圧が140以上、拡張期血圧が90以上のどちらかに該当すれば高血圧と言われています。
血圧が高くなる原因については、遺伝や生活習慣病、ストレスなどといった原因があります。
高血圧と言っても様々な種類に分類されるので、自分がどの種類の症状なのかを知ったうえで治療を行う事が大切です。
治療についても、日常生活を改善する事や内服治療が一般的になっています。
内服治療においては、ミカルディスといった薬剤を用いられる事があります。
このミカルディスとは、強力な降圧効果を24時間持続させる事ができるといった薬剤であり、様々な文献などでも効果について説明されています。
一般的に用いられる薬よりも薬剤効果が高いとされているので、多くの人に用いられています。

~血圧が気になる方はこの薬~
血圧を抑えたいならアダラート